つれづれ雑ぐさ

新たな時代変化への想いを、自身の実体験とともに日記調に書きなぐったものです

趣味

「つれづれ雑ぐさ その五」を出版しました

「つれづれ雑ぐさ」シリーズの第5版目となる、「つれづれ雑ぐさ その五」を出版しました。出版予定日は、2021年7月15日です。ただいま、予約受付中です。 今回、「その五」には、初版から第四版までに取り上げた目次テーマに加え、社会・生活環境の変化を背…

アマチュア無線復権のカギ  その2

アマチュア無線に限らず、趣味の世界には、「非合理性」の意義というものが存在するように思う。そして、そこに魅入られた者だけが知り、感じることができる喜び、楽しみがあるように思う。 例えば、アマチュア無線の世界には、CW(Continuous Wave)という…

アマチュア無線復権のカギ

あえて、復権という言葉を使ったが、アマチュア無線は趣味の一種なので、復権しなくても構わないとは思っている。時代・社会背景によって、趣味の世界も、はやりすたりは避けられないからである。 ただ、先日、YouTubeで、「おじさん」(自身よりはるかに若…

エッセイ「つれづれ雑ぐさ その四」を出版しました

「つれづれ雑ぐさ その四」 内容紹介 今回、「その四」には、初版から第三版までに取り上げた目次テーマに加え、社会・生活環境の変化を背景に、新たに「未来予測」「学び」「もてなし」「家族」などを追加している。この第四版が出版される頃に、この感染症…

ラジコンの世界 その2

いつも散歩がてら立ち寄る川の堤防で、ラジコングライダーを飛ばしている愛好家を見た。片手にグライダーを持ち片手にプロポを持って、両者を器用に操る様子にまず感心する。紙飛行機のように、一方の片手でグライダーを放り投げて飛ばし、それと同時に他方…

ラジコン趣味の世界

用事で外出した帰りに、散歩でもして帰るか?と、クルマを田んぼ脇の駐車スペースに止めて、ときどき散歩に使う河川の堤防道(車両禁止)に上って行くと、ラジコンのジェット戦闘機の離着陸操縦飛行を始めようと準備している人に遭遇!F15戦闘機のような機体…