つれづれ雑ぐさ

新たな時代変化への想いを、自身の実体験とともに日記調に書きなぐったものです

AI

人間にしかできないこと!?

そんなことがあるだろうか?最近、ある公共施設の利用受付で、手続きをしてつくづく思ったことがある。「・・・あぁ~この受付の方のしていることは、AIロボットで容易に代替えできることだなぁ・・・」と、それが良い・悪い、の判断は別として。

「つれづれ雑ぐさ その十八」電子書籍版を出版しました

はじめてこれを読まれる方のために、これは、日記であり、エッセイです。また、これまでの生活体験、人生経験に基づいた一種のモノローグ集と言えるかも知れません。 今回、「その十八」には、初版から第十七版までに取り上げた目次テーマの中でも、特に「社…

「つれづれ雑ぐさ その十八」を出版しました

はじめてこれを読まれる方のために、これは、日記であり、エッセイです。また、これまでの生活体験、人生経験に基づいた一種のモノローグ集と言えるかも知れません。 今回、「その十八」には、初版から第十七版までに取り上げた目次テーマの中でも、特に「社…

こんな日本、世界、地球に誰がした? その6 緊急特別メッセージ版続報

「他人事のように淡々とクール?!に猛暑予報を繰り返す、最近のTV等メディアの天気予報姿勢に腹が立つ!」ジジィの戯言の続きである。あまりに長く続く猛暑に、メディアも国民感情をいたずらに刺激しないよう意識しているせいだろうか?

「つれづれ雑ぐさ その十七」電子書籍版を出版しました

はじめてこれを読まれる方のために、これは、日記であり、エッセイです。また、これまでの生活体験、人生経験に基づいた一種のモノローグ集と言えるかも知れません。 今回、「その十七」には、初版から第十六版までに取り上げた目次テーマの中でも、特にAI、…

「人間は考える葦である」を続けられるか? その3

ことわざ「歴史は繰り返す」にあるように、歴史の教訓から学んだはずの人間が、飽きもせず?いろいろな意味で、愚かな行為を繰り返している。

こんな日本、世界、地球に誰がした? 緊急特別メッセージ版

限りなく縮小していく職種とは?

「つれづれ雑ぐさ その十七」を出版しました

はじめてこれを読まれる方のために、これは、日記であり、エッセイです。また、これまでの生活体験、人生経験に基づいた一種のモノローグ集と言えるかも知れません。 今回、「その十七」には、初版から第十六版までに取り上げた目次テーマの中でも、特にAI、…

「人間は考える葦である」を続けられるか? その2

「つれづれ雑ぐさ その十六」を出版しました

はじめてこれを読まれる方のために、これは、日記であり、エッセイです。また、これまでの生活体験、人生経験に基づいた一種のモノローグ集と言えるかも知れません。 今回、「その十六」には、初版から第十五版までに取り上げた目次テーマの中でも、特にIT化…

Will White Collar Survive?

「つれづれ雑ぐさ その十六」電子書籍版を出版しました

はじめてこれを読まれる方のために、これは、日記であり、エッセイです。また、これまでの生活体験、人生経験に基づいた一種のモノローグ集と言えるかも知れません。 今回、「その十六」には、初版から第十五版までに取り上げた目次テーマの中でも、特にIT化…

Template for office work

"Tsurezure zatsugusa No. 16" was published

For those reading this for the first time, this is a diary and an essay. In addition, it may be said that it is a kind of monologue collection based on past life experiences and life experiences.

人間が、報告書を作成する意義とは? その2

人柄だけが人間の価値となる未来

「人間は考える葦である」を続けられるか?

ChatGPT(チャットジーピーティー)のもたらす衝撃 緊急特別版

意味のある言葉とするために 緊急提言

「つれづれ雑ぐさ その十一」を出版しました

はじめてこれを読まれる方のために、これは、日記であり、エッセイです。また、これまでの生活体験、人生経験に基づいた一種のモノローグ集と言えるかも知れません。自身の独断や偏見、机上の空論も多々あろうかと思いつつ、社会との関わりの中で、日々切実…

EVカーの未来 その3

学歴とは何だ?

EVカーの未来 その2

EV(電動)カーの未来