つれづれ雑ぐさ

新たな時代変化への想いを、自身の実体験とともに日記調に書きなぐったものです

YouTube

アマチュア無線復権のカギ

あえて、復権という言葉を使ったが、アマチュア無線は趣味の一種なので、復権しなくても構わないとは思っている。時代・社会背景によって、趣味の世界も、はやりすたりは避けられないからである。 ただ、先日、YouTubeで、「おじさん」(自身よりはるかに若…

YouTubeチャンネル登録に見る師の姿

YouTubeのチャンネル登録は、自身の「師」(コーチ・講師・先生など呼称は様々だが、実際、自身も師と仰ぐチャンネルがある)を定める意義がある。YouTubeの解説動画などを視聴していると、必要があって、個別に、気に入った動画を保存したり高評価を付ける…

YouTubeは無料レッスンの宝庫

あらためて、思う。YouTubeは、学びのコストを極限まで下げる可能性を秘めている。新コロナ感染症禍により、種々のカルチャー・レッスンスクールは、リアルからリモート化へ変化してきた。そして、リモート化が、ZOOMなどを使ったレッスンを推進してきたが、…

学びと教えをシェアする時代

つくづく思うことがある。仕事でも趣味でも、誰でも一つや二つは、資格や特技を持っていると思われるが、十分活用されているのだろうか?自身でも、仕事のためとか、将来の楽しみや夢の実現のためとかと思って、取得した資格とか身に着けた特技(と思ってい…

学び投資(コスト)0円時代の本格的到来

YouTubeのレッスン動画を見ていてつくづく感じることがある。趣味の世界であるが、過去には、リアルなスクールに通って習っていたことを、今はYouTubeで済ましている。 済ましているといっても、その内容を軽んじているわけでは決してない。ただ、講師の教え…