つれづれ雑ぐさ

新たな時代変化への想いを、自身の実体験とともに日記調に書きなぐったものです

Windows10の再インストール実施所感

まず、なぜwindows10の再インストールが必要になったかを述べるが、自身、windows10の再インストールをする気など、全くなかった。なぜなら、日常の使用において、目立った不具合を感じていなかったからだ。

ただ、一つ気になったのは、最近、windowsからの自動バージョンアップの連絡が来ないような感じがしていて。そのうち、その理由が分かった。すなわち、「デバイスに重要なセキュリティプログラムと品質修正プログラムがありません」が表示されるようになったのである。

これは、windows10のバージョンにより、自動バージョンアップがかからなくなるということのようであった。要するに、OS(コンピュータのオペレーションシステム:基本ソフト)が古いということのようである。そのため、最新版のwindows10の再インストールをする必要が生じたのである。

OSがプレインストール済のパソコンを使ってきた自身は、再インストールの手間を実体験したことがないが、聞くところによると1日がかりだったような話もある。確かに、コンピュータ全体の作動をつかさどる基本ソフトなら、理解できないことではないと思いつつ作業に取り掛かった。

つづく