つれづれ雑ぐさ

新たな時代変化への想いを、自身の実体験とともに日記調に書きなぐったものです

キャンプファンに立ちはだかるヌカカの衝撃 その3

ヌカカに刺されてすでに2週間を経過している。刺された当日に皮膚科専門医を受診し、的確な処方を受けたと自負しているが、今なお、完全治癒に至っていない気がしている。

その大きな要因は、2つある。ひとつは、痒みに対する向き合い方である。通常、蚊に刺されたような場合、引っ掻いたり爪で傷つけるようなことをして、痒みを痛みで中和してしまうようなことをして、気を紛らわしてきた。

しかし、今回は、ヌカカに刺されたときの処置方法のネット情報などに、痒みに反応した掻きしゃぶりは、患部をさらに悪化させ治りを遅らせるなどと記載されていたため、悪化をおそれ、痒みがあっても掻かないで強いて我慢している。

これは、相当のプレッシャーである。猛烈な痒みに対し、掻きむしりたくてしようがないのを、掻かないでひたすら我慢しなければならないからである。この痒みは、的確な塗布薬を処方されても、治癒過程で避けられるものではないのである。

なぜなら、虫刺されによる痒みは、皮膚のアレルギー反応による炎症であるが、炎症自体はもちろん、この炎症を塗布薬が抑制していく過程および塗布薬の効能切れに伴っても痒みを生じさせるのである。

痒み止めの飲み薬を併用した理由もそこにある。就寝時にも、炎症による熱っぽさから逃れるため、掛け布団から二の腕を露出させ冷やすようにも努めた。ステロイド塗布薬の効果は劇的で、飲み薬の服用は2日間で止めることができた。

しかし、痒みの消失と肌(皮膚)の性状回復は、一朝一夕には進まなかった。今なお、完全治癒に至っていない二つめの要因がある。それは、ステロイド塗布薬の使用に対する向き合い方である。

つづく

 

https://amzn.to/3ajuNCk