つれづれ雑ぐさ

新たな時代変化への想いを、自身の実体験とともに日記調に書きなぐったものです

キャンプファンに立ちはだかるヌカカの衝撃 その5

自身には、虫刺されに関してトラウマがある。それは、少年時代、アシナガバチに刺された経験と、毒蛾に触れてかぶれた経験によるものである。どちらも、今回のヌカカと同様、今なお脳裏に比較的鮮明に残る、ある種の悪夢である。

アシナガバチに刺されたのは、自宅の軒下に作られたハチの巣を駆除する(実際には、イタズラ?)ために棒で突いているうちに、巣でうごめいていたハチの一匹が襲ってきたのである。刺されたのは顔の鼻筋、両眉毛の真ん中あたりであった。

刺された結果は、凄まじかった。顔全体が倍ぐらいに腫れあがり、真ん丸のお月様状態である。アンパンマンの顔も真ん丸だが、自身は顔の腫れあがりで瞼まで閉じてしまうほどの表情の激変であった。

通っていた小学校では、笑いものになるような顔に変貌していたと思うが、イジメの対象になったような記憶はなく、むしろ可哀そうにと同情された記憶がある。顔の変貌ぶりが恥ずかしくて、学校へ行きたくなかった気持ちもあったかも知れない。

そしてこれが、虫はなめるとコワイ!見ただけでゾーッと恐怖じみたものを感じるトラウマの始まりであった。虫には、素手で触ってもまったく平気なものから、見ているだけで、虫唾が走り身体が痒く感じてしまうようなものまである。

毒蛾に触れてかぶれたのは、やはり小学生のとき、クラスの悪ガキのイタズラから起きた。悪ガキが、教室内に迷い込んだ毒蛾をつかんで無意識?に放り投げた拍子に、その毒蛾が運悪く自身の背中のシャツ(下着)の中に入ってしまったのである。

自身、気付かなかったが、身体に生じた異変はすぐに分かった。ぞくぞくするような何とも言えない不快な痒み、熱感などが襲ってきたのである。たぶん、毒蛾の羽の鱗粉(りんぷん)が背中の中でまき散らされてきたせいであったろう。

アレルギー(アナフィラキシー)反応により、背中から始まったジンマシン状の巨大な発疹・凸凹はみるみる拡がり、たまらない痒みを伴って襲ってきたのである。結果、当然ながら早引きで帰ったと記憶しているが、これも、自身のトラウマとなっている事件である。

つづく

 

https://amzn.to/3ajuNCk