つれづれ雑ぐさ

新たな時代変化への想いを、自身の実体験とともに日記調に書きなぐったものです

裏切りの代償 その5

最近、ある国では、政権党の裏金問題に始まり、政権党に属する女性議員の×倫、また世界中の憧れの的となったメジャーリーグのスーパースターの通訳による、当該スターの個人口座からの巨額窃盗事件などが、立て続けに起きている。

この続きを読むには
購入して全文を読む

裏切りの代償 その4

ある国の政権党に属する女性議員の×倫という裏切りの代償は、恐ろしいほど高くつくと、前々回「裏切りの代償 その2」で書いた。高くつくとは、失うモノがあまりに大きいということであるが、それは、大きく分けて3つある。以下、具体的に説明していく。

この続きを読むには
購入して全文を読む

裏切りの代償 その3 緊急特別変更版

ある国の政権党に属する議員の×倫という裏切りの代償は、恐ろしいほど高くつく。今回、裏切りの代償 その2に続く続編を書いていた矢先、とんでもない情報が飛び込んできたため、急遽、内容を変更し緊急特別変更版としてお届けする。

それは、米メジャーのあるスーパースターの通訳として雇われていた者の違法××による損失を、スーパースターの財産で補填しようとした疑いで、そのメジャーリーグを解雇されたことである。

この続きを読むには
購入して全文を読む

メディアの真髄を感じる、イチオシの一本! 第19弾

サスペンスの本流を感じさせる鉄板の一本です。黒木瞳さんの好演が光ります。ぜひ、観て欲しい! 

下記のURLをクリックして下さい

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B0CN5TNMXT/ref=atv_hm_mys_c_cm9Ytn_1_2

つれづれ雑ぐさ その二十 | 乱桜 |本 | 通販 | Amazon

https://amzn.to/48Tw8fe

https://amzn.to/4aecUlw

https://amzn.to/3PoJjxM

【再掲・改】蜘蛛の糸

「・・・罪を重ねて地獄行きとなったカンダタはたった一つ良いことをしていた。道端を歩いていた時に見つけた蜘蛛を踏みつぶそうと足をあげたが、「小さなこの蜘蛛にも命がある。むやみやたらに命を奪うのはかわいそうだ」と踏みとどまり、安全な場所へと逃がしてやった。

極楽にいたお釈迦様は、カンダタのこの善い行いを思い出し、地獄から救ってやろうと一本の蜘蛛の糸を垂らした。落ちてきた蜘蛛の糸に気が付いたカンダタは、うまくいけば極楽に行くことができるかもしれないと考えて、細いその糸を登り始めた。

しかし、糸の真ん中あたりまで登ったところで下を見ると、ただでさえ切れそうな一本の糸に、地獄から脱出しようと多くの人がしがみついていた。このままでは糸が切れて、また地獄に落ちてしまう。

せっかく極楽に行こうと頑張って上ったのに、その努力もチャンスも無駄になってしまうと焦ったカンダタは、大声で下に向かって叫んだ。「こら!罪人ども!!この糸は俺のものだぞ!降りろ!降りろ!」と。

その瞬間、糸がプツリと音を立てて切れた。自分の利だけを考えて他人を思いやらないカンダタは、地獄に真っ逆さまに落ちていった。

その様子を極楽から見ていたお釈迦様は、再び地獄に落ちてしまったカンダタを見て、悲しそうに微笑んでいた。せっかくのチャンスを自らの欲のせいでみすみす台無しにしてしまったのだ。・・・」

何でもありの恐怖はこれから誰を襲うのか?!一抜けしようとあがく者がついに現れたか?すべてをぶちまけるのだろうか?ある国の××問題のキモであることは間違いない。

つづく

つれづれ雑ぐさ その二十 | 乱桜 |本 | 通販 | Amazon

https://amzn.to/48Tw8fe

https://amzn.to/4aecUlw

https://amzn.to/3PoJjxM

メディアの真髄を感じる、超イチオシの一本! 第18弾

これを知ることなく、「沖縄」を語ることは絶対にできないと思います。目をそむけたくなる残酷なシーンが随所に出てきますが、噓偽りのない、あまりに重く・悲しく・辛すぎる歴史的事実です。これ以上はないほどの鉄板の一本です。ぜひ、観て欲しい!

この続きを読むには
購入して全文を読む

裏切りの代償 その2

ある国の政権党に属する議員の×倫という裏切りの代償は、恐ろしいほど高くつく。高くつくとは、失うモノがあまりに大きいということである。

この続きを読むには
購入して全文を読む